豆知識

銀行系と消費者金融系

カードローンは主に銀行系と消費者金融系の2つに分けることができ、専業主婦に人気が高いのは銀行系です。 ではなぜ銀行系の方が人気があるのか、それは申込しやすいからです。 消費者金融系の場合、総量規制という借入可能額を年収の3分の1までに制限するという決まりがあります。

専業主婦は収入がないため総量規制のせいで消費者金融系からは基本的にお金が借りられません。 一方で銀行系は総量規制がないため専業主婦でも申込ができ、お金を借りられます。 つまり専業主婦がカードローンを利用しようと思えば実質的に銀行系しか選択肢がないのです。 当然人気も高くなります。 また、銀行が運営しているという安心感も人気につながっているようです。

金利の違い

金利でも違いがあり、銀行系の方が低金利でお金を借りられます。 金利が低ければ返済時の利息の支払額も少なくて済みますから毎月の返済負担を軽減できます。

少しでも無駄なくお金を借りようとするなら銀行系の方が有利なわけです。 その分だけ審査が厳しいと言われるのですが、専業主婦の場合はそもそも銀行系カードローンしか使えないので特にデメリットにはなりません。 審査に通りさえすれば消費者金融系よりもお得な金利でお金を借りられて便利です。 審査に通るかは申込をしてみないとわかりませんが消費者金融系のように専業主婦だからといって審査に落ちることはないので安心です。 専業主婦にとっても使いやすい、それが銀行系カードローンの特徴になります。

返済のことも考える

カードローンを利用すれば当然ですが毎月返済をしないといけません。 無計画に借りていると返済ができなくなってしまうこともありますので十分に注意しましょう。 特に専業主婦の場合は返済も夫の収入をアテにする事になりますし、夫に内緒でカードローンを利用することもあるでしょう。

返済できなくなった時に夫にカードローンの利用が知られてしまう可能性があり、その時にはすでに問題が大きくなっているかもしれません。 トラブルを起こさないためにもカードローンを利用する時はその後の返済についてもしっかり考えるようにしましょう。 上手に利用できれば生活費の足しにしたりと専業主婦にとって非常に役立つのは間違いないので返し方も上手にならなければいけません。

上手な返し方

カードローンの返済は毎月1回、決められた日までに決められた額を返済する形です。
返済額には元金だけではなく利息も含まれているので返済した額すべてが元金に充てられるわけではないのです。 分割返済は1回の返済負担が少なくて済むメリットがありますが返済期間が長くなるほど利息の支払いも増えます。 そこで余裕のある月は決められた額以上返済するように心がけましょう。

そうすれば返済完了までの期間を短縮できて利息の節約になります。 たとえば毎月1万円の返済だとしても余裕のある月は2万円返済するといった形です。 決められた額さえ超えていればいくら返済しても大丈夫なのでできるだけ早く完済することを目指しましょう。

離婚するとどうなるのか

専業主婦がカードローンを作った場合、返済のお金は夫の収入を頼ることになります。 本人に収入がないのですから当然です。 では夫と離婚してしまったらカードローンの扱いはどうなるのでしょう。 そのまま使えるのか、それとも使えなくなってしまうのか、それは離婚後の状態によって変わります。 とにかくカードローンの運営会社に連絡することが最優先なので離婚が決まって独身になったらすぐに連絡しましょう。 独身になったことを伝え、カードローンについてどうなるのかを聞くことが大切です。 離婚したからといって一括返済を求められることはありませんし、不安もあるかもしれませんが安心して大丈夫です。

利用可能かどうかは収入しだい

離婚しても自分に収入があれば無条件でカードローンが利用できなくなることはありません。
連絡をした時に収入を申告すれば収入に見合った分の利用は可能です。 夫の収入と比較して収入が少ない場合は利用限度額が引き下げられることはありますがいきなり利用不可になることはないでしょう。

ただし、離婚後も収入がない状態なら話は別です。 収入がなければ返済もできないのですからカードローンの停止もあり得ます。 専業主婦も離婚した以上自分で収入を得なければいけないのでこのケースは少ないと思いますが自分の収入によって利用できるかどうかが決まると考えておきましょう。 カードローンの利用を続けるためにも早めに収入を確保するのがポイントです。

外為ジャパンの口コミ