申込について

銀行系カードローン

専業主婦に人気の高いカードローンは銀行が運営しているタイプです。 専業主婦の場合、本人に収入がないので消費者金融系のカードローンが使えないからです。

じゃあなぜ銀行系カードローンなら使えるのか、これは総量規制という法律が関係しています。 総量規制とは借入額の上限を収入の3分の1までに制限するというもので、消費者金融系のカードローンはこの総量規制が適用されます。

ですが銀行系のカードローンなら総量規制が適用されず、収入がない専業主婦だとしても利用が可能です。 もちろん審査がありますし必ず利用できると言えないのですが消費者金融系のように申込の時点で専業主婦であることを理由に断られるようなことはありません。

低金利

カードローンを利用する、これはつまりお金を借りるのと一緒ですから返済をしなければなりません。 金利が高いと毎月の返済額も高くなり返済負担が大きくなってしまう可能性があるのですが低金利なら最小限の利息で返済可能です。

幸い銀行系のカードローンは消費者金融系に比べると低金利のところが多く返済負担の軽減に繋がります。 これも銀行系カードローンが人気の理由の1つです。 1度の返済で見ると利息はたいしたことないように思えますが長期的に返済するとなればその総額はかなりの額になります。 金利が低いほど利用する私達にとってはメリットが大きくなるので金利がどのくらいなのかは必ずチェックしておきたいところです。

生活費が足りなくなった

専業主婦の方がお金を借りたいと感じる動機としてもっとも多いのが生活費の不足です。 予測していなかった出費が続き今月の生活費がなくなってしまった、専業主婦なら1度は経験があるのではないでしょうか。

どうしても今すぐお金が必要なのに使えるお金がない、こんな時はたしかにカードローンを使えると便利です。 カードローンならすぐにお金を借りられますし、借りる金額も自由に設定できるので役立ちます。 返済も毎月1回の分割返済ですから返済で苦労することも少なく、計画的に利用すればいざという時の保険になります。 家計のやりくりは主婦の大切な役割ですがお金を借りてなんとか乗り切りたいというケースも少なくないのです。

急な出費

冠婚葬祭など、急に現金が必要になることもあります。 特にお葬式は事前にわかることが少なく、突然の連絡を受けることも珍しくありません。

今日、明日にも葬式に出席しなければならないのでお金がないなんてことも十分に考えられます。 こんな急な出費に対応するためにカードローンを利用したいと考える専業主婦もたくさんいます。 常にお金に余裕があるとは限らないのでお金を借りなければいけないこともあるでしょう。

事前にカードローンを契約しておけば急ぎの時でもすぐにお金を用意できるので冠婚葬祭をはじめとした急な出来事も安心です。 専業主婦の方の場合、突然お金が必要になった時にカードローンを利用してお金を借りたいと感じることが多いようです。

専業主婦はいくらまで借りられるのか

専業主婦がカードローンを利用する時に気になるのが借りられる額ではないでしょうか。 借りたい額を借りられないとすれば困ったことになります。 専業主婦に限らずいくらまで借りられるかは審査によって決まり、審査ではさまざまな情報が参考に使われます。

そのため同じ専業主婦でも実際に借りられる額は人によって違いますし、申込をするカードローンによっても変わってきます。 特に夫の収入は本人の収入のない専業主婦にとって重要な要素になるので覚えておきましょう。 少し極端な話になってしまいますが夫の収入が借りられる額に直結すると言ってもいいくらいです。 もし夫にも収入がない場合は残念ながらお金を借りるのは難しいでしょう。

具体的な額について

では夫に収入があり、返済についても問題ないとすればいくら借りられるのでしょうか。 先ほど紹介したように審査を受けてみないと具体的な額もわからないのですが、一般的に専業主婦なら10万円から30万円程度借りられると言われています。

夫に収入があるとはいえ専業主婦なのでどうしても額は少なくなってしまうのです。 安定した収入のある社会人なら数百万円程度借りられることもありますから比較するとかなり少額です。 ただしこれはあくまでも一般的な例ですからもっと借りられることもありますし、逆にもっと少なくなってしまうこともあります。 とにかく申込をしないと正確なことはわからないのでお金を借りたいと感じたらまずは申込をして審査を受けましょう。

外為ジャパンの口コミ